Entries

V転生の噂について(2020/1/7版)

カテゴリ : VTuber
●V転生の噂について(2020/1/7版)
*以下の情報は噂の域を出ない。本当かどうかはご自身で確かめてみてください。実際に声を聴くなど。

▼V転生の噂
・稲荷〇くろむ ⇒ 現よみ(うつつよみ)VTuber個人勢
・久遠〇千歳 ⇒ EMA(KAMITSUBAKIレーベルのDUSTCELLという歌い手ユニットに所属)
・闇夜乃〇モルル ⇒ 姫森〇ルーナ

▼生身配信者兼業勢
・星川〇サラ、兼、くりぃむ”https://twitcasting.tv/_cream_nana
・白銀〇ノエル、兼、日南(かなん)”https://ch.nicovideo.jp/canan8181

事情があるとはいえ、以前のキャラクターやファンを犠牲にしているので、転生については賛否が分かれるところ。
しかし、ファンのために全力でがんばっている姿を見れば、応援できるのかもしれない。

*これらの情報は噂の域を出ない。本当かどうかはご自身で確かめてみてください。実際に声を聴くなど。
スポンサーサイト



サイエンス関係メモ(2020/1/2版)

カテゴリ : ブログ
●サイエンス関係メモ(2020/1/2版)
宇宙、銀河、地球、生物、ヒト、物理法則

▼地球、生物、ヒト
・生物の大量絶滅は何度か起きている、生物多様性の効果と環境適応能力により何とか生き残っている
・ヒトは氷河期を生き抜いている
・グランドキャニオンの「大不整合」地層は氷河期の氷河が溶けて海へ移動したときに大地が削られて出来た空白地層の記録
・恐竜は環境適応能力の高い種だったが、大型隕石の衝突で大量絶滅した後に小型の羽毛恐竜だけが生き残り、鳥類へ進化。
・ヒトは黒色→白色→黄色人種の順で地球環境に適応した。温暖と寒冷両方に強い黄色人種だけが北米・南米大陸へ進出。
・恐竜の時代など過去に温暖な時代はあったが、近年の急激なCO2上昇や人間活動による生物種の激減は大量絶滅に繋がるかも

▼宇宙、銀河
・宇宙の大規模構造とは、泡と泡の間の境界面に銀河が集中して存在するように見える構造、重力による引き合いで起こる
・銀河は驚くほどたくさんある、太陽のような星もたくさんある、地球型惑星もたくさんある、しかし豊かな生態系は未発見
・宇宙は膨張している、しかも膨張速度は加速している、加速にはダークマターとダークエネルギーが関係しているらしい
・宇宙の膨張により将来的に銀河同士は遠く離れ離れになる、それとは別に近い将来アンドロメダ銀河と天の川銀河は衝突する
・ビッグバンに中心は無い、宇宙という風船が広がるとき、表面にある宇宙空間がいたるところで膨張するイメージ
・過去に起きた宇宙背景放射を今観測できるのは、とても遠い場所で起きたビックバンの熱信号が今頃この銀河に到達したから

▼物理法則
・物理法則をまとめると4つのチカラに分類できる、電磁力・重力・弱い力(素粒子)・強い力(核子)
・力の種類はたくさんあり、空間である「場」と「力」には密接な関係がある
・宇宙の初期では物質に質量は無かったが、物質に質量を与え重力を発生させる重力子が物質と結合、「場」の作用で重力発生
・光子は重力子と結合していないので質量を持たない、宇宙で一番速度が速い、光は「場」の作用で電場・磁場を交互に発生。
・真空中にて光は「場」の作用で直進する。「場」が歪む超重力場「ブラックホール」の近くでは影響を受けて曲がる。

VTuberの配信モチベーション維持は難しい

カテゴリ : VTuber
●VTuberの配信モチベーション維持は難しい
VTuberの配信頻度について、ユーザー目線と、VTuber目線の両方で読み解きます。

▼年末配信頻度の増加に見る、VTuberの配信モチベーション維持の難しさ
クリスマスから年末にかけて、一人でいることに寂しさを感じませんか、誰かと一緒に過ごしたいですよね。
VTuberも同じです。
いつもは配信頻度の少ないVTuberでも、年末になると配信頻度が増加しています。
例:ギルザ〇レン、野良猫文野〇環、北上双〇葉、宇志海〇いちご、安土〇桃

「いつもは配信頻度の少ないVTuberでも、年末になると配信頻度が増加する」
これは何を意味するのでしょうか?
答えは「VTuberは配信モチベーションを維持するのが難しい」ということです。

次にVTuber目線で考えてみましょう。
・配信したいけど配信できない
・サムネ画像作りがめんどくさくて配信できない
・ゲーム配信がしたいけどゲームが好きではないので配信できない
・おもしろい配信ネタが無いので配信できない
・雑談したいけど雑談スキルが無いので配信できない
など、など。
VTuberが配信モチベーションを維持するのは難しいことなのです。
では、どうしたらVTuberは配信モチベーションを維持することができるのでしょうか。

▼まぐら〇えねさんのツイート、登録者数減少の話
↓ツイート記事
https://twitter.com/maguraene/status/1211839535820075008
過去にチャンネル登録をしたものの、後になってファンでは無くなり、
配信者が配信をするたびに目につくので登録を解除するという、登録者数が減少する様子が語られています。
これでは配信モチベーションを維持するのはとても難しいと感じるでしょう。

▼登録者数、動画再生回数、数字に表れない固定客リピーターの話
YouTuberやVTuberの人気度について、わかりやすいのはチャンネル登録者数と、動画再生回数です。
しかし、数字には表れない固定客リピーターの姿が隠れてしまって見えていません。

次のようなユーザーがいます。
・コメントを書かないが生放送は毎回見ている
・生放送は見れないが後追いでアーカイブは必ず見ている
・忙しくて全ての動画を見ることはできていないが決して離れることのないヘビー固定客
・配信の内容は薄くても、すてきな声が聴きたくて毎回見に来ているラジオ視聴型固定客リピーター
など。
こうした固定客リピーターは数字だけでは読み解くことができません。

▼配信モチベーションを維持するには
以上のように、数字では見えない固定客リピーターは存在します。
この、数字に表れないヘビー固定客リピーターの需要を感じることができれば、配信モチベを維持できるかもしれませんね。
最後に、忘れてほしくないことがあります。
「配信頻度の低いVTuberをVTuber界は許容する」ということです。
VTuberにはキャラクター性があり、そのキャラクターが好きであれば配信頻度が低くてもずっと好きでいられるのです。
一年に一回配信するくらいでも良いのです。
周りのVTuberの人気や数字を必要以上に気にしてはいけません。参考にする程度でいましょう。

*なぜか書いているうちに、マッ怒ラボやトップランキング口調になったのは謎。
すぐに漫画やアニメや動画に影響されやすいタイプの人やね。
↓マッ怒ラボ
https://www.youtube.com/channel/UCTUHN-d0rujv4DZI-sEY53A
↓トップランキング
https://www.youtube.com/channel/UCEZE13DFJdRjTLvv4YvwPSA

Appendix

プロフィール

firstblue

Author:firstblue
上のイラストは当サイトのマスコットキャラクター”シィたん”です。水のような体を持つ未知なる存在。

最近の記事

月別アーカイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログランキング

にほんブログ村バナー

このブログが気に入った方は「にほんブログ村」のバナーをクリックして投票をお願いします。ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

Twitter

ブログ内検索

モブログ(携帯用ブログサイト)

このサイトの携帯版ページへ

管理者ページ 携帯版

Powered by FC2ブログ.