Firstblueの電波的随筆 書いてる本人でさえ理解できない電波的随筆。


記事の内容
*PREV | NEXT#

夜桜たまのアンチテロリズム仮説

2019/12/06 03:31

●夜桜たまのアンチテロリズム仮説

夜桜たま、猫乃木もちの引退騒動に関しては謎が多すぎる。
仮説を3つ考えた。

仮説1)運営悪い人仮説
仮説2)夜桜たまのアンチテロリズム仮説
仮説3)私の考えすぎ仮説

▼仮説1)運営悪い人仮説

夜桜たま、猫乃木もちの引退に関して、運営からの公式発表文章には詳しい経緯が書かれていない。
これは運営にとって都合の悪い情報を秘密にすることで、今後の運営活動への悪影響を少なくする意図がある。
そう仮定すると、運営はファンへ対して十分な説明をしない「悪い人」ということになる。
事実として2人の引退を防ぐことができなかったことから、責任の一端は運営に少なからずあるだろう。

▼仮説2)夜桜たまのアンチテロリズム仮説

引退配信や引退する当人からファンへのメッセージが無い、という謎がある。
夜桜たまと運営との間で争いが起きるなか、ファンだけが置いてけぼりになっている。
予想だが。
以前より運営のすることに対して強い不信感をもっていた夜桜たまは、
仲の良かった猫乃木もちと共に運営の不甲斐ないやり方に耐えてガマンし続けていた。
少しのキッカケで今までの不満や怒りが頂点に達してしまった結果。
とても雑、かつ突然なやり方で運営のもとを去った。
その後は運営からの呼びかけにまったく反応が無く、連絡手段が無いため。
引退配信や引退する当人からファンへのメッセージが無いまま終わりを迎えた。
つまり、夜桜たまから運営へ対してのアンチテロリズムなのだ。

▼仮説3)私の考えすぎ仮説

以上の仮説は証拠も無く、私の妄想に基づいた妄言である。
運営に残ったメンバーの中に自分の好きなメンバーがいるなら、好きなだけ推せばいいだけだ。
在籍するメンバーに罪はない。
運営の良し悪しは今後の様子を見て判断するのもよいだろう。

↓運営からの公式発表(午後1:02 ? 2019年12月4日)
「夜桜たま、猫乃木もち契約解除につきまして」
https://vrlive.party/news/1575432000/


*PREV | NEXT#

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BLOG TOP

LOGIN


Designed By ERISA
Powered By FC2 BLOG